東京 介護 未経験

介護職、未経験の人が東京の介護求人を探す時に利用したいのが、カイゴジョブです。
カイゴジョブは、介護求人サイトの業界最大手として知られています。

 

カイゴジョブは東京だけでなく全国のハローワークの求人情報や、
カイゴジョブのみで公開されている数多くの求人情報を閲覧することが出来ます。
また、介護の中でも職種別に求人を検索することが可能です。

 

 

サイトの利用方法は、まず、希望の雇用形態を入力します。
希望の雇用形態を入力しましたら、次は保有資格を入力します。
そして、現在の居住地・働きたい地域を入力します。
そうしますと、全国のあらゆる求人情報を閲覧することが出来ます。
東京はどの都道府県よりも介護求人のある地域です。

 

求人の中には未経験者を歓迎するものもありますので、介護関連の資格を有していなくても仕事を探すことが可能です。
また、居住地を入力しますので、自宅の付近の求人を閲覧することが出来ます。
それによって、自分の希望にあった条件の職種、職場を絞り込んで検索することが出来るのです。

 

カイゴジョブの大きな特徴は、介護の職場に従事したいと考えている人たちが経験、未経験問わず仕事を探すことが出来るという点です。
これは、ハローワークの膨大な求人とカイゴジョブ限定の多くの求人が閲覧できることによって実現したものです。
求人情報の掲載数が多いことによって、介護に関するあらゆる職種、地域を絞り込んでの求人検索が出来ますので、スピーディーに仕事を見つけることが可能です。

 

このように、カイゴジョブは介護の求人に特化した最大級のサイトですので、介護の仕事を探している人にとっては非常に利便性の高いサイトと言えます。
東京で未経験可の介護求人を探すときには是非参考にしたい求人サイトです。

 

 

 

 

 

 

 

東京で介護職として働きたいときには、未経験でも就労が可能な特別養護老人ホームがいいと言われています。
特別養護老人ホームはよく省略して特養と呼ばれていますが、この特養では看護職や先輩介護職などに就いて介護の補助という形で未経験でも仕事が出来るからです。

 

さらには、様々な要介護者と仕事を通じて触れ合う中で、色々な人の人生を垣間見ることが可能です。
人と話をすることや人に対して優しくなれる人などは、この介護職はうってつけと言われる仕事となっています。

 

 

東京の場合は、あちこちに特養が存在しています。
通勤に便利なところも多く、探すのに苦労はそれほどありません。
ただし、特養と併設する形での介護の事業所は個別それぞれであり、施設と在宅との連携を上手く図る進んでいる特養も、個別それぞれです。

 

すなわち、特養と一言で言っても、その内実は様々な状況にあることは知っておかなければいけないことと言えます。

 

 

東京は交通事情、特に公共交通機関網が発達しているため、それほど移動に苦労は無いでしょう。
通勤時間帯などは別にしても、一般的によほど遠方などで無い限りは、公共交通機関の利用で対応が可能です。

 

通勤などでも就労の時間を考えてもらえれば、それほど大変と言うことも無いです。
通常において特養は、24時間ずっと開業しています。

 

そのため、交替制勤務となりますが、それが苦にならなければそれほど困ることはありません。
勤務体系が他の職業とは異なるため、勤務時間も変わります。
通勤で困ることが少ないと言えるわけです。

 

また、自動車での移動が比較的大変な地域も存在します。
したがって、公共交通機関での移動が楽な東京では、非常に便利であると言えます。

 

こうしたことを念頭に置いて、就労希望先を探していきます。

 

このとき、東京限定での介護職を探す場合には、
資格の有無に限らず探せるものもあれば、未経験者限定で探すことが出来る求人サイトも存在するなど、色々です。

 

自分に合った求人サイトから応募するのが良いでしょう。
なお、求人サイトからの応募の際には、その求人サイトごとに特徴がありますが、就労支援と称してお祝い金を交付することもあります。

 

一方で、そうしたものの設定がない場合も見受けられるところです。
すなわち、求人サイトごとでこうした対応は分かれていると言ってよく、気にする人はこの点でもチェックが重要です。

 

未経験であっても、介護に関する何らかの資格を有する場合には、
また違う求人サイトを確認した方が良いでしょう。

 

特に施設系での不規則な勤務体系は嫌だという希望がある場合には、
そうした条件をよく理解して掲載されている求人サイトを見ることが望ましいわけです。

 

最初の入り口を間違えてしまうと、その後も条件になかなか合ったところを見付けられません。
したがって、できる限り最初の求人サイト探しの段階で、基本的な条件と自らの有する資格などをチェックすることが望ましいと言えるでしょう。

 

なお、資格があってもなかなか採用に至らない場合もあり得ます。
特に在宅系の介護サービスで人手が余っているケースもまれにあります。
求人条件が良い場合があり、そうした条件のところには希望者が殺到しがちなのです。

 

また、施設系のように三交代制をとるところでは、なかなか応募が集まらない場合も想定されます。
しかも給料が安い場合などは、特にその傾向が強いです。
社会福祉法人が運営している特養では、昇給の制度が割としっかりとしているケースも目立ちます。
初任給の低さなどから敬遠されがちですが、長く努めていくと相応に給料が上がるつまり定時昇給をする場合もありますので、
そうした視点でも公開をしている求人サイトの利用も考えると良いと言えるでしょう。

 

介護士になる前に知りたい事
僕は介護職を2年間務めました。その中でも特に大変だと言われている、特別養護老人ホームという施設にいました。僕がいた施設は1フロアに40人ほどの入居者がいてそれぞれ認知症がかなり進んでいる患者のフロア、認知症ではあるが意思の疎通ができる患者のフロアに分かれていました。介護士は40人ほどの入居者に対して12〜15人しかおらずいつも人手不足でした。これから介護士として働かれる方はまず介護士はほとんどの施設で人手不足だという事を知った方がいいと思います。そのメリットは介護職は需要がかなりあるという事ですがデメリットは残業が多く、身体的な負担で言えば、腰痛で体を壊してしまうとか精神的な面でも人の命を預かる場所というプレッシャーがある事です。よくメディアなどで高齢者と介護士が仲良く触れ合っている微笑ましいCMが流れる事がありますが、あれは殆どの場合理想の介護像なので、現場の介護を経験して挫折する方が結構います。これから介護を目指す方は是非研修に行かれ足を介護職に踏み入れる前に自分の持っている介護のイメージと現場を、見て適正を、見極めた方がいいと思います。自分が考えるには、介護士ができる事には限界があるように感じます。現場に出るとわかりますが、介護の知識よりも、看護の知識の方が有利なところもかなりあります。特別養護老人ホームの場合ですと医療のケアが必要なお年寄りがかなりいてなにをするにも看護師に相談、報告をする事が多いです。それに薬の知識も多ないと、間違ったケアをしてしまう可能性も出てきます。そういった介護士以外の分野の事も視野に入れないといけないです。なので常に学ぶ事は多いので医療に関する知識に興味がある方だと重宝されると思います。

 

魔法の言葉「ありがとう」
お花見や夏祭りや紅葉ドライブなどの季節のイベントは自分自身もすごく楽しいです。可愛らしいおじいちゃん、おばあちゃんに癒されています。裁縫がプロみたいに上手な方、とにかく人を笑わせることが好きな方、いろいろな方がいて毎日楽しいです。認知症が進んでいる方でもお話しされる内容は重みがあって歴史があります。学ぶこともたくさんあってとても貴重な時間です。気難しいおじいちゃんと仲良くなれた時はすごくうれしかったです。利用者さんの「ありがとう」の一言を聞くと、介護の仕事をしていて本当によかったと思います。何も言わないで笑顔で頭をなでて下さったり、忙しい毎日の疲れを救ってくれるのは利用者さんです。排泄の処理とかを汚いって言う人がいるけれど、入れて出すことは当たり前のことだから私は何とも思わないです。介護職は汚い、きついのようなイメージが先行していますが、楽しいことや癒されることもいっぱいあります。大変なことばかりではなく、良いこともみなさんに知ってほしいです。大変なこと嫌なこともたくさんありますけど、それを上回る楽しさがあるので介護の仕事をずっと続けたいです。理想的な介護職員とは言えないですけど、利用者さんが楽しい、幸せって思える時間がちょっとでも増えるように毎日頑張っています。